本文へスキップ

構造鍼 空治療院 カイロプラクティック

治療方針と構造鍼®

治療方針

当院では構造鍼により体の構造(筋肉・骨格・筋膜などの膜組織)と脳と自律神経の機能を中心に体の状態を観察して調整を行います。体の構造と機能は密接な関係があり、構造が柔軟で変化に対応できれば体の疲れや故障は最小限で済みます。また回復にも睡眠を取ることで身体・精神どちらも大きな回復ができます。

治療目的は柔軟な構造から脳と自律神経の機能を活性化すること。また生命力を十分に発揮させることです。

検査では構造鍼独自の検査法により構造の柔軟性と体幹・四肢の筋肉の緊張や自律神経の状態を確認しながら体の癖を把握します。

人間の体は常に変化し生命力が強く発揮されていれば、たとえ傾きや捻れがあっても自力で修正することができます。
体の構造が生命力を発揮させにくくする「癖の方向」へ傾くと、なかなか自力での修正や回復が難しく
なります。
当院では、この「生命力を発揮させにくくする癖の方向」を「パターン」と呼びます。このパターンは各個人によって違い、そのパターンを把握することが生命力を100%発揮する第一歩になります。
体に傾きや不調があっても生命力が十分に発揮されれば、時間とともに症状は解消されていくと考えます。

空治療院の特徴

当院では、生命力の発揮されているかどうかを、状況や環境変化によって観察します。
人の体は横になれば、重力から解放されて抗重力筋(立ったり座ったりする時に重力に対抗するための筋肉)といわれる筋肉が頑張らなくてもよくなるために緩みますし、疲れや歪みの回復が自動的に始まります。
逆に言えば、横になっても抗重力筋が緩まない状態は状況の変化に対応できていないと考えます。
そして、重力だけでなく、光の加減(暗くなると眠くなる)やアクセサリー類を体から外すことなどでも体は変化します。。当院の治療ベッドの上に蛍光灯がないのも、そういう意味があります。
歪んでいることが問題なのではなく、歪みが状況によって変化するかどうかが大切なことなのです。
歪みが状況によって変化しない、横になっても固まったままであったりする場合を生命力が正しく流れていない状態(パターン)と判断します。

構造鍼®とは

構造鍼®は10年の歳月をかけて徹底した身体観察をもとに2012年に誕生した新しい治療法です。
名前に「鍼」と付いていますが、刺激部位と考え方の基礎に鍼灸医学があるだけで、治療に刺す針は使いません。カイロプラクティック検査法や経筋療法・鍼灸・神経構造制御などを基本にした検査と治療法です。



構造鍼®は、特に脳と屈筋(曲げる筋肉)・伸筋(伸ばす筋肉)のバランス、姿勢制御神経回路・人体のテンセグリティー構造と自律神経系に対する検査と治療法で、人体の構造を免震構造と捉え「人体の膜性構造、脈診や舌診、各種神経検査や反射検査」を使い体全体の機能を総合的に捉える全身治療です。

構造鍼®では、現在の状態をレベル分けし、その状態を分析・治療していきます。

乳幼児から90歳を超える方まで年齢に関係なく正確で少ない刺激による治療を行います。
(治療の刺激には先の丸い金属製の棒や振動刺激を与える音叉などを使います。治療刺激は痛みもなく、ほとんど何も感じません。)
筋肉や皮膚のセンサーを点で捉えて変化を誘導します。何十年もかかって固くなった筋肉や皮膚なども確実に調節していきます。

構造鍼®では、自律神経系の症状から痛み等の他に、特に幼児期~少年期のの
苦手なことが多い子どもや動きにぎこちなさのある子ども・高齢者への検査や刺激を行います。
各種検査の中には、神経検査や原始反射の検査、各種条件反射(触覚過敏、光や音への過敏検査など)の検査などが含まれます。

その他に
化学物質過敏症電磁波過敏症への独自の検査方法や神経システムの検査・治療も行います。

構造鍼®の検査により神経系の歯車がかみ合っていない箇所を特定して、その結果から治療とエクササイズを行います。

エクササイズは特定の神経系を狙って刺激するように構成されており、そのエクササイズができる状態になるまでは無理には行いません。

この神経系の準備ができていない状態で無理にエクササイズを行うものが存在します。
部分的に良くなったように見えても、他の箇所とのバランスが崩れては意味がありません。
この準備ができているかを検査するシステムが整っているのも構造鍼(R)の大きな特徴の一つです


Q.どのような子どもに向いているの?

例えば
触覚過敏(長袖や長ズボンしかだめ、口の周りを気にして触る、靴下をすぐに脱ぎたがるなど)
音への過敏(小さな音に過敏、他の人が驚かない程度の音にも過剰に驚くなど)
ニオイへの過敏(人のニオイや人工的なニオイなど)
視覚の過敏(光や模様で気分が悪くなる、人混みに酔うなど)

食べ物の好き嫌いが激しい
何かをジッと見ることが苦手、動く物を見るのが苦手
すぐにグッタリしてしまう、ボーっとしてしまう、多動傾向がある
列に並ぶ時に前の人との距離が近すぎたり遠すぎたりする
手や足にいつも力が入ってる感じがする
乗り物によく酔う
椅子に座る時に猫背になる、また丸くなって座る
よくつまずく、よく転ぶ
つま先立ちで歩く、内股で歩く、がに股で歩く
筆圧(字を書く強さ)が弱い、鉛筆の芯が折れるような強すぎる筆圧で字を書く
本を読むのが苦手(行を飛ばす、読んでいると異常に眠くなる)
自転車に乗るのが苦手
ボール遊びが苦手(ボールをキャッチしにくい、顔に当たるなど)
ヒモを結ぶのが苦手
手や足に異常に汗をかく
散髪や耳掃除を嫌がる
口の周りに何かついてると異常に気にする、気にしなさ過ぎる
服に付いている首の後ろのタグを嫌がる
リズム感が悪い
鉄棒や雲梯(うんてい)が苦手、手が離れて落ちやすい
異常にくすぐったがる
何もないのに急に機嫌が変わって、怒ったり、泣いたりする
など

乳児では
横に寝かせると泣き、縦抱きにすると泣きやむ
食べ物をよく吐き出す
夜泣きがひどい
・特定のものにしか興味を示さない
・ハイハイをしない
・首や腰の座りが不安定
・ぐずりやヒステリーを起こしやすい

など

乳児の場合、何か治療をするのではなく、ご家庭でお風呂に入った時などにやって頂く簡単なことをお伝えするだけの場合もあります。それだけでも神経系の発達を促し、スムーズさが出てきます。

空治療院 構造鍼 カイロプラクティック